忍者ブログ

FREEDOM-下北沢Blog

最新ストリートNY東海岸、LA西海岸から 取扱いFREEDOM下北沢

LEVIS 501-559-550-569 スタイル検証

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

LEVIS 501-559-550-569 スタイル検証

LEVIS 501-559-550-569

levis,

お客様からの質問でよくリーバイスの品番によるシルエットの違いに関して質問されるのでシルエットの違いを説明したいと思います。

まずLEVISデニムの中でも有名な501はストレートシルエットでジーンズの原点というべきジーンズです。
その501をルーズタイプにしたのが569、こちらもストレートを基本としたシルエットです。

シルバータブ以外のUS企画のLEVISジーンズの中でも最も太さのある商品になります。

569に対して裾にかけてテパード(スリム)シルエットにしたタイプは559ジーンズで569より少し細めになりますがある程度の太さと裾のしまり具合から裾を引きずることなく穿けるジーンズです。

550に関しては、559により裾幅を狭くした最も裾を引きずりにくいジーンズです。

裾幅は569⇒559⇒550の順番で裾幅が狭くなります。

裾の引きずり具合に関しては靴のサイズや靴の種類など(コンバースやVANSなどの底の低い靴など)が関係します。

コーディネートスタイルよりますが、購入したジーンズの裾を引きずり破れてしまうのはもったいないと思っている方には、参考にしていただければと思います。

逆の発想で、リーバイス646ベルボトムにレッドウイングエンジニアブーツで裾を引きずて、使用感を出したファッションもありますので、上記内容は、裾を引きずらないで穿きたい方の参考として考えてください。


※商品の基本的な内容を記載しています。
体系、スタイルにより個人差がある場合がございますので、参考として、ご了承お願いいたします

■FREEDOM LEVIS
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

アクセス解析

忍者アナライズ